220401column

広報とば 令和4年4月1日号で「トバゴトコラム」を書きました。

令和4年度も引き続き、鳥羽市の「広報とば」の中でトバゴトコラムを偶数月に綴らせていただきます。

さて、今回のコラムで取り上げた内容は、令和4年4月24日(日)に開催するフードパントリー(食料の無料配布)「さくらパントリー」の価値についてです。

そのうちの大きな価値として、さくらパントリーは、鳥羽の人と人(企業・団体)との交流で食料が繋がり、その食料がまた人に繋がっていくという意味で、鳥羽にとって大切な交流の場にもなっています。

こんな関係が続くまち、鳥羽市であり続けて欲しいです。

では、どうぞ。

*画質が悪い場合には、写真をクリックしてください。

220228(食料募集)さくらパントリー
220228(開催チラシ)さくらパントリー

食料募集と、当日の案内も載せておきますので、是非ご覧ください!

地域理学療法・地域リハビリテーションが本職です。 平日は、株式会社いやしの心で介護と福祉のお仕事、そして、鳥羽市で生活支援コーディネーターをしています。週末は夫婦で週末cafe marudOT(まるドット)をオープンしている”野良”の理学療法士です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です