200701column.
広報とば 令和2年7月1日号で「トバゴトコラム」を書きました。

今回は、新型コロナウイルスで気持ちが落ち込む中、鳥羽で起きた「#攻めの福祉」と、福祉にとっての「#お金を考える」のきっかけをくれたイベント記事を書いてみました。

わたし自身もこのイベントの中心に関わり、沢山の「喜び」と「反省」を得ながら、多くのことを学びました。そして、その中からこれからの鳥羽の「福祉」をわたしなりに考えたコラム記事になっています。

よろしくお願いします!

令和2年7月1日号表紙です。
牡蠣ドライブスルー

 

ありがとうございました。

イベント自体の反省点は多かったのですが、こんな福祉のカタチは本当に面白く、ステキだなと考えています。これからも生活支援コーディネーターとして、まちのなかでこんなコトをしていきたい。

*この「浦村牡蠣ドライブスルー」チャリティイベントの詳細は、トバ箱さんでぜひご覧ください。

トバ箱:鳥羽のあれこれまるごと応援

https://tobabako.com

 

 

記載日:令和2年7月1日 杉浦

地域理学療法・地域リハビリテーションが本職です。 平日は、株式会社いやしの心で介護と福祉のお仕事、そして、鳥羽市で生活支援コーディネーターをしています。週末は夫婦で週末cafe marudOT(まるドット)をオープンしている”野良”の理学療法士です。